CentOS7のダウンロード&インストール手順

CentOS7のダウンロードとインストール手順をまとめています。CentOS7のisoイメージをダウンロードし、バーチャルボックスの仮想マシン上にインストールしていきます。

1G 2CPUのVPSのテスト環境を想定し、Windows 8.1(64bit)のバーチャルボックスにCentOS7をインストールしていきます。

目次

CentOS7のダウンロード

以下のDownload CentOS(https://www.centos.org/download/)より、CentOS7のISOイメージをダウンロードします。ミラーサイトを選んで、例えば以下のファイルをダウンロードします。

http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/7.2.1511/isos/x86_64/CentOS-7-x86_64-DVD-1511.iso

バーチャルボックスの仮想マシン作成

仮想マシンの作成

VirtualBox (Oracle VM VirtualBox マネージャー) を起動し、左上の「新規(N)」をクリックすると、「仮想マシンの作成」ダイアログが開きます。

バーチャルボックスの仮想マシン作成

名前とオペレーティングシステム

任意の名前を入力します。後で名前は変更できます。今回はCentOS7 1G 2CPUを構築したいので「CentOS7 1G 2CPU」と名前を入力しました。

タイプ は、Linux 、 バージョン は Red Hat (64bit) を選択して「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―名前とオペレーティングシステム設定

なお、64bitの選択項目が表示されない場合はBIOSの仮想化機能が無効になっている可能性があります。

BIOSの仮想化機能を有効にする例

64bitの選択項目が表示されない場合はBIOSの仮想化機能が有効になっているか確認してみてください。PC再起動後、F1やF2を連打してBIOSを起動します。メーカにより異なるので起動方法は別途確認が必要です。

  • VAIOの例)Advanced > CPU Configuration > Intel(R) VirtualizationTechnology > [Enabled]
  • ThinkPadの例)Security > Virtualization > Intel(R) VirtualizationTechnology > [Enabled]

メモリーサイズ

メモリ (RAM) はです。1G、2CPUのVPSの環境を想定し、今回は1G(1024M)にしました。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―メモリーサイズ

ハードドライブ

仮想ハードドライブを作成する を選択して「作成」すると、「仮想ハードドライブの作成」ダイアログが開きます。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―仮想ハードドライブの作成

ハードディスクのファイルタイプ

ハードドライブのファイルタイプ は、VDI (VirtualBox Disk Image) を選択したまま「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―ハードディスクのファイルタイプ

物理ハードドライブにあるストレージ

物理ハードドライブにあるストレージは、固定サイズ を選択して「次へ」をクリックします。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―物理ハードドライブにあるストレージ

ファイルの場所とサイズ

ァイルの場所とサイズ では、CentOS7をインストールする仮想ドライブの容量を指定して、仮想ドライブと仮想マシンを「作成」します。今回は8.00GB、そのままにしました。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―ファイルの場所とサイズ

プロセッサー数変更

CentOS7 1G 2CPUを想定しておりますが、そのままだとCPUは1になります。プロセッサー数を変更して2CPUにしていきます。

仮想マシンの設定表示

VirtualBox マネージャーにて、作成した仮想マシン(CentOS7 1G 2CPU)が選択された状態で、左上の 設定(S) をクリックします。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―仮想マシンの設定表示

システム>プロセッサー数選択

システム>プロセッサー(P)を選択し、プロセッサー数(P)を2に変更して、OKをクリックします。

バーチャルボックスの仮想マシン作成―システム>プロセッサー数選択

CentOS7のインストール

仮想マシンの起動

VirtualBox マネージャーにて、作成した仮想マシン(CentOS7 1G 2CPU)が選択された状態で、左上の 起動(T) をクリックします。

CentOS7のインストール―仮想マシンの起動

ISOイメージを選択

「起動ハードディスクを選択」ダイアログが表示されるので、プルダウンメニュー右の 仮想光学ディスクファイルの選択… からダウンロードしておいたCentOS7のISOイメージを選択して「起動」します。

CentOS7のインストール―ダウンロードしたISOイメージを選択

CentOSのインストーラーが起動するので、そのままEnterキーを押します。

Install CentOS 7を選択

仮想マシンのコンソールが起動したら、はじめに「Install CentOS 7」を選択して、Enterキーを押します。

CentOS7のインストール―Install CentOS 7を選択

コンソールからマウスカーソールを戻す方法

仮想マシンのコンソールにマウスカーソールが入っている状態からもとに戻すにはCtrlキーを押しながらマウスを動かします。

インストール時に使用する言語

日本語 Japanese を選択します。

CentOS7のインストール―インストール時に使用する言語

インストールの概要

不要なものは入れない方針で、「ソフトウェアの選択(S)」は、「最小限のインストール」を選びます。

「インストール先」を選択し、何もせずに「完了」します。

「ネットワークとホスト名」を選択し、「ネットワークとホスト名」設定画面の右上にあるスイッチを オン にして「完了」します。

選択が終わったら、「インストールの開始(B)」をクリックします。

CentOS7のインストール―インストールの概要

ユーザーの設定

「rootパスワード」を選択し、任意の root パスワード を入力して「完了」
※長いパスワードやマルチバイト文字が入ったパスワードは認証に失敗する場合があります。

今回はあとで適宜ユーザを作成する方針で今回はユーザ作成は行いません。

作成する場合は、「ユーザーの作成」を選択し、任意の フルネーム・ユーザー名 と パスワード を入力、sudo コマンドと sudoedit コマンドを有効にするため このユーザーを管理者にする にチェックを入れて「完了」します。

CentOS7のインストール―ユーザーの設定

CentOS7の再起動

しばらく経つとCentOS7のインストールが完了するので、設定画面右下の「再起動」をクリックします。

CentOS7のインストール―CentOS7の再起動

再起動後、CentOS7 のコマンドラインが表示されます。これでCentOS7のインストールは完了です。

CentOS7 のコマンドライン

終わりに

CentOS7のダウンロードし、1G 2CPUのVPSのテスト環境を想定し、Windows 8.1(64bit)のバーチャルボックスにCentOS7をインストールを行いました。この後はSSHの設定を行って、TeratermなどのSSHクライアントでリモート接続して作業していきます。

virtualboxのNAT&ホストオンリーでyum&ssh利用」で仮想マシンでyum、ホストOSからSSH接続できるようにしていきます。

更新履歴

2017年05月09日 BIOSの仮想化機能を有効にする例を追記しました。
2016年06月20日 virtualboxのNAT&ホストオンリーでyum&ssh利用の手順を追記しました。
2016年06月17日 記事をUPしました。

SNSでもご購読できます。