リグレッションテストとは―意味、範囲、自動化で目指すこと

レグレッションテストとは何かをテーマに情報をまとめています。

1. リグレッションテストとは

2. リグレッションテストの範囲

3. リグレッションテストの自動化で目指すこと

更新履歴

1. リグレッションテストとは

リグレッションテストとは、デグレードを検知するためのテストを意味する言葉です。

リグレッションテストにより、システムのバージョンアップによって以前のバージョンで動いていた機能が正常に動作しなくなることや、またその発生した不具合を緊急で対応したが、さらにほかに新たな不具合を出してしまうといったデグレードを防ぎます。

2. リグレッションテストの範囲

リグレッションテストの範囲についてまとめていきます。

テストは広く考えると「チームを支援する」「技術面から見る」「ビジネス面から見る」「製品を評価する」といった要素を考慮する必要があるようです。これらを考慮したテストの分類は以下になります。

チームを支援する技術面のテスト

単体テストによる駆動開発など開発の中心になるテストです。主に内部品質にかかわるもので、ソースコードのバージョン管理システムや統合開発環境やビルド自動化ツールなどもこの範囲に含まれます。

チームを支援するビジネス面のテスト

顧客視点に立ったテストです。機能テストやプロトタイプ、シミュレーション、仕様や画面設計書など開発を進めるための活動もテストの一種として考えます。

製品を評価するビジネス面のテスト

製品を評価するテストです。ユーザビリティテストや受け入れテストなどがこのテストに含まれます。

技術面のテストを活用した製品を評価するテスト

パフォーマンステストやセキュリティテストなど、基本的に技術を用いなければ実施することが難しいテストです。

テスト範囲をどうするか

上述の4つの範囲でどの目的に注力していくか、どこを省いてよいかなどテスト戦略を立てます。

3. リグレッションテストの自動化で目指すこと

上述のようにさまざまな種類のテストがあります。どのテストを自動で行えるようにしたらよいでしょうか。まずは、単体テストはJUnitなどのツールで実現可能です。最終的に利用するユーザ視点のテストも重要です。以下の記事にあるseleniumを活用したテストの自動化はレグレッションテストに活用すべきツールです。

Seleniumとは―読み方、意味、WebDriverの使い方

Seleniumとは、読み方はセレニウムといいます。セレニウムの意味は酸素族元素の一のセレンですが、IT用語としては、Selenium WebDriverに代表されるWebブラウザを操作するツール、API、フレームワークのことを言います。

本題はIT用語のSeleniumですが、Seleniumとはなにか、読み方や意味に触れてから、Selenium WebDriverの使い方をまとめていきます。

続きを読む

更新履歴

更新履歴です。

  • 2016年09月27日 記事をUPしました。

SNSでもご購読できます。