スピアフィッシングとは?一般的な意味とIT用語としての意味

スピアフィッシングとは何か、一般的な意味とスピア型攻撃(標的型攻撃)などIT用語としての意味をまとめています。

スピアフィッシングとは?一般的な意味

スピアフィッシングとは、英語でspear phishingと記述する用語で潜水しながら魚を突き捕獲するスポーツのことを言います。

spearとは

spearとは、槍や投槍を表す英語です。

phishingとは

phishingとは、「 釣り」を意味する「fishing」が語源の用語で金融機関などからの正規のメールやWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などを詐取する詐欺のことを意味する英語です。

スピアフィッシングとは?IT用語としての意味

スピアフィッシングとは、特定の個人や企業を狙ったフィッシングのことを言います。特定の個人や企業を狙う目的で、よく知っている人や企業から送られてきたように偽装した電子メールを使ってなどして行う詐欺です。

スピアフィッシングは、対象に合わせて巧妙に細工するフィッシング詐欺で、多数の被害は出にくい反面、狙われたら被害にあいやすい攻撃といわれます。

スピアフィッシングはスピア型攻撃(標的型攻撃)

スピアフィッシングはスピア型攻撃に分類される攻撃です。スピア型攻撃はセキュリティ関連でよく耳にする標的型攻撃の別の言い方です。

更新履歴

更新履歴になります。

  • 2017年04月27日 スピア型攻撃、標的型攻撃について追記しました。
  • 2016年08月30日 記事を作成しました。

SNSでもご購読できます。